2015年05月09日

東野小学校を創る会 第6回定期総会

平成27年4月25日(土) 10:40〜

授業参観の後、体育館にて定期総会を開きました。
先生方(40名)及び、保護者(104名)の皆様が出席して下さいました。

【次第】
<第一部>講演会
1.「自分たちの住む街のことを知る」
  〜東野小学校区の犯罪状況と防犯関連データのご紹介〜
2.「スマートフォンの適正利用について考える」

<第2部>創る会総会
1.東野小学校 校長挨拶
2.東野小を創る会 事務局長挨拶
3.平成26年度 活動報告及び承認
(2)   〃    決算報告・監査報告及び承認
(3)会則改定について
(4)東野小サポーターズ 代表選出
(5)平成27年度 活動計画案について
(6)平成27年度 予算案について
5.閉会

◆閉会後、各ボランティアにブースにて活動の紹介や
 会員受付などを実施しました。

◆今回初めて行いました講演会(防災・スマートフォン)では、多くの方が
 内容を興味深くご覧になられていました。

◆議事内容については、すべて承認していただきありがとうございました。

今後は「東野小サポーターズ」と称して、新たな体制で取り組んでまいります。
皆様、今後ともよろしくお願いいたします。
11185440_321549528031356_727621856_n.jpg
posted by 東野小サポーターズ at 06:39| サポーターズミーティング議事録

2015年04月16日

平成27年4月11日 東野小を創る会 運営委員会 議事録

【場所】2F会議室
【決定・報告事項】
(東野小サポーターズ関連)
ご案内資料(児童数配布済)の読み合わせをした。
・総会で承認前であるが、今後創る会からサポーターズへ移行していく。
・事務局はサポートセンターとなり、新体制の中心として機能する。
・平日及び土日サポート会員は年間登録制とする。現在1名登録申し込みあり。
・すべての保護者がメンバー(=東野小サポーターズ)となることを強くアピールする。
・事務局長→サポーターズ代表と改め、保護者全体の代表とする。
・今後サポート会員にはメールを配信して情報提供する。
・学年活動サポート会員に応募者がいない場合、総会などで報告する。但し、4年生の福祉活動に関しては、イベントとして改めて応募するなど積極的に開催を働きかける。
・「Team fine run!」の設立申請を受け、審査の結果、ボランティア団体として承認した。
→会員の自主性ある活動を通して、会員自身の健康の促進と、会員相互の関係性を深めるのに役立つことに加え、東野地区の防犯の一助となることが、本会の目的と理念に合致すると判断する。
・印刷は外部発注をメインにしていく。「ネット印刷のガイドライン」を作成。4/25期限。
・サポーターズ会費を集金する。
→・会費集金用のゴム印及び会費口座用の届出印作成。
・会費口座の名義と届出印の変更をする
・GW前に、クラス連絡係へ作業日程の通知及び全サポーターズに向け会費徴収のお知らせを出す。
・5/7集金袋のハンコ押し、5/13集金日
・各サポート会員申込書は、サポーターズ代表が保管する。

(会計報告関連)
・新規ボランティア予算1万円(5000円×2団体分として)計上
・印刷費は、これまでは学校へのインク代などとして事務費内で会計処理していたが、今後は、学校印刷費(2万円)と外部印刷費(15〜20万円)として、事務費から独立させる。
・児童文化振興費の予算を50万円から40万円に変更する。
・予備費から、周年記念品費として10万円計上し、学校用の音響機材の整備に役立てる。
・予備費から、周年積立金として80万円計上する。
・会計報告書は今後「押印省略」とする。→印影は重要な個人情報であるため、むやみに開示すべきではないという時代の流れを考慮した。さらに、本会の会計担当者は東野小の保護者及び教職員であることは明白であるため、押印を要求する必要性が乏しいと判断した。

(総会関連)
作成中の総会資料の読み合わせをした。(会則・活動報告・活動案・サポートセンター会員)
・4/25東野小体育館にて総会を開催する。体育館は10時から使用可能。
・第1部:講演会、第2部:総会の2部制で開催する。
・総会終了後、各サポート会員、ボランティア顔合わせの時間を設ける。
・告知のチラシ児童数配布。4/15 
・総会資料児童数配布。4/20または21
・活動計画案作成→ボランティア原稿は受け取り済み サポートセンター分
・当日参観直後に校内放送を入れてもらう 
・小学生は学年毎に教室や空きスペースで待機可能 
・学校から、長テーブル、パイプ椅子、プロジェクター、クラス名簿をお借りする。
・未就学児は総会中、体育館への入場可能とする。
・芸術鑑賞マニュアル準備 
・学年活動マニュアル準備 30部 

(その他)
・給食試食会報告書兼マニュアルを作成済み。倉庫にて保管する。
・防犯支部長は引き続き担当してもらう。
・青少年補導員の勧誘が必要。
・校内で文書を配布する際は、必ず教頭先生に1部お渡しする。可能な限り、印刷前に教頭先生に原稿の確認をしてもらう。


【検討事項】
・東野小サポーターズは気楽に活動に参加できる体制であることを、総会で補足したほうがよい。
・やる気のある方が積極的に参加できるような仕組みが必要。
→イベントの告知をHPなどで行う。最新情報が一目でわかるようなページがあるとよい。
・今年度の目標を絞って、新体制をスタートさせた方がよい。
・ボランティアの定義、会の細則について、今後も検討する。
・行政からの委嘱業務について、「PTA宛」でなければ、極力学校から直接保護者に声掛けをしてもらう。


【校長先生より】
・学校では予算の都合もあり、呼びたい講師をなかなか呼べない状況だ。
サポーターズに費用面の協力をお願いしたい。
→どのような講師やイベントが必要なのか、サポーターズミーティングの中で学校からご提案いただき、相談や検討をしていきたい。
・教職員の異動について、17名転出し、13名転入があった。
・2名の教職員が、産休に入る予定。
・今年度は、児童・教職員・保護者が満足を実感し、達成感を得られる学校運営を目指す。
・東野小3A(あいさつ/ありがとう/あきらめない)を引き続き推進。今年度は学校教育目標に掲げた。


【次回運営委員会】 日時:平成27年5月9日(土) 9:00〜 2階会議室にて
                                  以上
posted by 東野小サポーターズ at 11:59| サポーターズミーティング議事録

2015年03月16日

平成27年3月7日 東野小を創る会 運営委員会 議事録

【場所】3F図工室
【参加者】事務局メンバー11名、校長、教頭、学年毎担当クラス委員、 

【決定・報告事項】
・卒業生向け会計報告(3/13〆)を3/16に配布する。
・今月中に臨時総会の開催を予定していたが、開催しないこととする。
・「親子大そうじ」を2学期同様に、今学期も開催する。
→開催日時 6年生:3/19、その他学年&こすもす学級:3/23 両日とも11:20〜12:00
 手紙配布3/10
・児童用防災備蓄品として、リッツ缶購入済み。
・卒業証書入れ、納入済み。
・近隣卒業式出席→本校卒業式3/20、東野保育園3/10、富岡幼稚園3/19
・防犯支部長は、来年度も引き続き担当してもらう。
・次回事務局会議→3/14(土)9:00〜12:00 
 会議終了後、13:00〜お父さん中心に体育館(緞帳)大掃除
・ボランティア代表ミーティング→3/28(土)10:00〜、場所未定
 新旧代表による打合せ(今年度活動報告、来年度活動予定、来年度ボランティア長&副の選出・・・その他)
(来年度からのクラス委員の役割ついて)
→各クラスから連絡係1名と集金係1名の計2名を選出、
連絡係:学校・学級・創る会の間の連絡役と各学年の会計監査(学期毎各学年1名ずつ)を担当する。
集金係:創る会会費集計を担当する。集金袋などの準備1日と集計1日、年間で2日間の活動とする。
尚、こすもす学級については、学級から1名のみ選出とするが、仕事内容は相談の上決めてもらう。
→学年活動については、クラス委員から切り離し、ボランティアを募る。初顔合わせは4月の総会日。
・クラス委員の役割についてや学年活動の際のこすもす学級への配慮に関して、先生方へもしっかりと内容を伝達しておく。
・クラス委員の役割について、今学期中に手紙配布。
(来年度からの創る会の運営について)
・広報誌を発行する→「ボランティアだより」も引き続き発行してもらうが、広報誌との連携も検討する。
・運営委員会は毎月開催していたが、4.5.6.7.9.11.1.3月に変更。事務局ミーティングは毎月開催する。

【創る会運営に関する事務局メンバーの意見】
・事務局の増員は必要。お父さんの会の土台ができてきた。もっと自由に集まる運営を推進するという考えを尊重したい。
・事務局メンバーの入れ替えがないことが不思議だった。活動を他の母たちにも伝えたい。
・今までの運営もうまくいっていたと感じる。局長の意向にある程度沿ったほうがよい。
・色々な意見を取り入れて、改革を進める必要がある。
・「できる人ができる時に」という思いはあっても貫けないのでは?1子1回も策ではないか?
・大勢の方(特に母親)に活動を見てほしい。みんなに出てきてほしいというメッセージを出し、もっと変わるために思い切った改革が必要。もし失敗したらやり方を変えるということも示すべき。
・子供のために何ができるのかを、強制的ではなく自由な雰囲気で話せるような運営をすべき。事務的なことはみんなで分担するなどで仕事の質を変え、新しいイベントで盛り上げていきたい。
・1子1回の制度にすると、元に戻すのは困難。嫌々活動する人を集めるのはよくない。新しい取り組みをやらずに後悔するよりも、やってみるべき。


【学校より】
・2/25早朝に起きた事件の概要について校長先生から説明があった。
→保護者には、夜だけでなく早朝も、子供だけでの外出には慎重に対応してもらいたい。
→学校カウンセラーによる心のケアを行っている。
・6年生を送る会は素晴らしい発表となり、先生方も力を合わせた結果と思う。
・1週間体調不良で担任の先生が休んだクラスがあったが、学年の先生方で補った。
・今後も、地域・家庭・学校と連携していきたい。
・達成感・満足感を得られるよう、学校運営の工夫をしていく。
・胃腸炎は収束に向かっている。
・3/11に備蓄品を配布する。次の備蓄品も届いており、感謝している。
・親子大掃除を今学期末も開催してほしい。→開催決定
・来年度の陸上大会は、新しくできた陸上競技場で開催する。
・新学期の主な予定は、今学期中にお知らせする。
・東野3Aが広まっていると感じる。子供達は知り合いには挨拶できるようになってきたので、大人も意識を高めてもらいたい。

【その他議事、クラス委員からの意見など】
・創る会の活動を理解してもらうために、参観や面談の日に校内に紹介スペースなどがあるとよい。
→手紙だと、読む時間もなく、理解が深まらない。
・東野地区で小学校を中心とした文化祭・バザー・リサイクルのようなイベントを開催することで、大人同士の結束を強め、防災に強い町にしていきたい。
・5年間の創る会の活動の中で、問題も生じてきた。クラス委員の役割を見直し、新しい楽しい活動を企画し創る会を盛り上げる予定。
・スマホの使い方が目に余る。6年生が放課後習い事などの時に動画を見ている。所持していない子も一緒に見ていることもある。学校で、親向けの講習会などを開いてもらう必要があると感じる。
・東野小として、スマホ・携帯の使い方についての見解を示す必要があるのではないか。
→(学校から)
・予算がないので、創る会で講習会など企画できないか?5年生の授業でメディア全般について学んでいる。
・富中で講演会を開くも、本校6年生保護者は10名しか参加がなかった。もっと関心を持ち、家庭でも夜は取り上げるなど管理すべき。尚、同講演会は来年度も開催する。
・学校便りでも、ネットについて触れようと思う。

【次回運営委員会】
日時:平成27年4月11日(土) 9:00〜 2階会議室にて
                                  以上
posted by 東野小サポーターズ at 15:03| サポーターズミーティング議事録