2017年06月29日

6月26日(月) お昼の読み聞かせ

6月26日(月) くもり
来てくれたお友だち:13人


@『だるまさんが』『だるまさんと』
皆も遊んだことのある「だるまさんがころんだ」のテンポで、クスッと愉快なお話です。
「が」「の」「と」の3シリーズなので、読んでみてください。


A『あまぐもなんかに まけないよ』
天気が悪い日が続くのは、雷さんが居座ってるせい。
困ったお母さんたちは、たまった洗濯物を持ってみんなで雲の上へ…


B『すてきなあまやどり』
ざあざあぶりのにわかあめ。
ブタくんは大きな木の下で、雨やどりをしたはずなのに、なぜかびしょ濡れ。
その訳は…


C『あめ あめ ぱらん』
子どもと雨のささやかなひとときを描いた本。
楽しく美しい雨の情景がゆたかにひろがります。




雨の予報でしたが、昼休みの頃には薄日がさしてました。
外に遊びに行く子が多いかなと思いましたが、6年生のお兄さんが拍子木を持って読み聞かせを知らせに出掛けてくれたおかげで、お友だちが遊びに来てくれました。
梅雨時ということもあり、雨の絵本を中心に読み聞かせをしました。
楽しい絵本で、雨の日も悪くないと思ってもらえたら嬉しいです。
DSC_3486.JPG
posted by 東野小サポーターズ at 09:52| 図書ボランティア